お知らせ

第18回俳句甲子園”俳句”に青春を懸ける高校生の熱い闘いを応援して下さい:FAAVO愛媛

毎年夏、愛媛県松山市には全国から高校生が集まります。
五七五、たった十七音の短い言葉でどれだけのことを伝えられるのか。
”俳句”に青春を懸けた暑い戦いがそこにはあります。

今回の起案者はそんな青春を送ったOBOG会です。
”俳句甲子園”に出場し高校卒業後は大会運営に携わっています。

毎年6月に全国各地で開催される地方大会には、開催地の近くに住むOBOGが駆け付けます。
毎年8月に松山市で開催される全国大会には、”第二のふるさと”に帰省するように沢山のOBOGが集まります。

「”俳句甲子園”に出場したことが本当に楽しかったから、今度は大会の運営で恩返しがしたい」
「もっと沢山の高校生に”俳句甲子園”の面白さを伝えたいから、大会を大きくしていきたい」
大人になったOBOGの目は、高校生の時と変わらずに輝いています。

松山には”俳句”に青春を懸ける夏があります。
全国各地から集まる高校生をぜひ応援してください。

第18回俳句甲子園”俳句”に青春を懸ける高校生の熱い闘いを応援して下さい

ページ上部へ戻る